『建物本体価格1000万円』で家を建てる

最近よく『建物本体価格1000万円』という広告を見かけますが、これってなんだかわかりますか?

1000万円あれば家が建つ?
建物本体ってなんのこと?

きっとわからない方も多いのではないでしょうか。

この真実が世の中に浸透していないのは、建てた人しか真実を知りえないからだと思うのです。

中には本当にいいものをお客様にお求めやすい価格で提供している会社様がありますけどほとんどがそうではないです。

僕が知る限り1000万円で家は建ちません!!
1000万円ぽっきりの家なんて怖くて住めません!!
(もちろん、規模にもよります)

では、『建物本体価格』とは何のことなのでしょうか?!

『建物本体価格』とは、いわば
『箱の価格』のことです!!

皆さんもご存知の通り『箱』だけでは住めませんよね。
お家は沢山の要素の集合体です。

例えば、給排水工事、電気工事、カーテン、照明器具、登記費用、外構工事、必要ならば地盤改良工事、その他にもたくさん・・・。
上記の要素が集まって『箱』は『家』になります。

会社様によっても違いますが、これらの金額は『建物本体価格』に含まれていないのです。

膨大なオプションが『箱』に組み込まれて
1000万円が結局1600万円~1700万円くらいになります。

お客様が本当に知りたいのは『箱』の金額ではなく『家』の金額ですよね。

『家』の金額を知らせず、『箱』の金額だけを知らせて集客するって卑怯に感じます。『箱作り』をしている人は『家作り』の邪魔はしないでもらいたいですね。

私の会社は『お客様の家造りにかかるお金はコレです。』と申し上げたらそれしかかかりません。最初にご提示します。

・水道加入金
・地震保険
・火災保険
・登記費用
・印紙代
・カーテン
・照明
・外構費用
・エアコン
・屋外給排水
・アンテナ

まだまだたくさんありますが、この内容が建物本体価格に含まれていない項目ですね。

建築会社側からすると、含まれていないのは、、、当然なのかな、、、(疑問です)
お客様側からすると、知らなくて当然。(当たり前です)

知らないお客様に寄り添うのは当然で
全てを一つ一つご説明することが大切です。

家造りは不安なものかもしれませんが、楽しいことです。
一生に一度しか訪れない自分だけの家造りです。

それを本当に任せてもいいと思える人を探してください。
沢山の経験をしている設計士を探してください。

その経験が多ければ多いほど、お客様のご要望、言葉に出来ない思いを必ずかなえてくださるはずです。

弊社は経験値には自信があり、様々なご提案に加えてコストも抑えたご提案を致します。

 

深く深く掘り下げた先の可愛いをご提案致します。
深く深く掘り下げた先のカッコいいをご提案致します。

Translate »