『注文住宅でこだわった方が良いと思うものランキング』

こんにちは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

とても久しぶりの投稿になってしまいました…。

また今日から投稿を再開したいと思います。

本日は、Architect innovation株式会社の考える

『注文住宅でこだわった方が良いと思うものランキング』について書かせていただきます。

沢山のお客様と打ち合わせをさせていただいて、それぞれに強い思いやこだわりがあるものの、

共通してこだわられている事項があるなと思ったので、

現在、家造りを考えている方や造っている途中の方の参考になればと思い書きます。

 

トップ5を順番に発表していきます。

 

それでは早速、第5位から。

 

 

 

第5位は、外壁材です。

 

住宅の顔と言っても良い「外観」を決める大きな要素は、外壁ですよね。

外壁の色で家全体のテーマを表したり、厚みで陰影を生み出したり、

素材感で雰囲気を作り出すことが出来ます。

 

外壁材にこだわるお客様は多く、こだわった分だけ外観が素敵になるのも事実です。

 

外壁材には沢山の種類があります。

一般的に使用されているのは「窯業系防火サイディング」と呼ばれるものなのですが、

一枚の大きさが決まっているため、どうしても継ぎ目が出てしまうのです。

 

もちろんサイディングにも良い点はあるのですが、

弊社がおすすめさせていただいているのは継ぎ目の出ない塗り壁です。

汚れやすいと敬遠されがちですが、むしろ汚れれば汚れるほど味が出てかっこいいのです。

 

 

 

第4位は、キッチンです。

 

キッチンはほぼ毎日立つ場所です。

ワークトップの高さ、作業スペースの広さ、食洗器の有無、食器棚や冷蔵庫の配置など、

使い勝手が重要になる反面、一度決めてしまうと変更の効かない場所がキッチンです。

今までの生活で慣れているところ、こうした方が使いやすいと日々思っているところ、

ショールームで実物を目にして新たに発見したところなど、

様々な要素を練って考えて、自分好みのキッチンを作り出して欲しいと思います。

 

 

 

第3位は、間取りです。

 

家造りを考えたときに、一番目に考えるものであり、誰もがこだわるのが間取りだと思います。

どんな間取りがいいのかは人それぞれ違うため、一概に「これがいい!」とは言えませんが、

【ぐるっと回れる】というポイントにこだわる方が多いように思います。

 

ぐるっと回れる間取りとは何か?

パターンはたくさんありますが、

玄関→リビング→キッチン→洗面脱衣室→トイレ→玄関のように、

家の中を一周出来る、つまり動線がある間取りということです。

 

例えば「リビングを通らずにトイレに行きたい」とか

「子供が泥だらけで帰ってきた時に、キッチンの近くを横切らずにお風呂に向かわせたい」とか

住む人の生活スタイルに合わせて、行動の流れを考えて作る間取り。

住む人の数だけ生活スタイルが存在するということです。

 

 

 

第2位は、色合いです。

 

ここ1年は特に家の中で過ごす時間が増えてきましたが、

そうした時に気になるのが室内空間の雰囲気ですよね。

室内で大きな面積を占めるのが、床、壁。そして各部屋に必ずあるドア。

これらをどんな色で着色していくか。それがとても重要になっていきます。

今だけを考えるのではなくこれからどういった家具を置くのか。

照明器具やカーテンのデザインとミスマッチはないのか。

沢山の色を詰め込みすぎてもちぐはぐなデザインになってしまうし、色が少なすぎても面白くない。

永く住むことを考え、飽きのこない、落ち着きがあって、それでいて面白い。

そんな色使いを実現するのがとても大切かなと思います。

 

 

 

そして第1位は、収納量です。

 

モデルハウスのような空間で生活するのは理想ですが、現実はそうではない。

これはどなたも感じていることだと思います。

生活するには、沢山の必需品が必要です。

救急箱、掃除用具、季節ごとの洋服、布団、趣味の小物や本。

これらがモデルハウスには存在していません。

そんな場所では生活できないし、生活したとしても不便で仕方ない。

魅せる収納など最近はよく聞きますが、毎日毎日気を遣っていたらマイホームにいながら疲れてしまう。

つまり、隠す収納が絶対的に必要なのです。

永く住めば住むほど、持ち物は増えていくので後悔しない収納量を考えることがとても大切かなと思います。

 

 

 

以上、Architect innovation株式会社が考える『注文住宅でこだわった方が良いと思うものランキング』でした。

 

それではまたね。

 

 

GOOD DESIGN × ARCHITECT INNOVATION

 

Translate »