シンメトリーとアシンメトリー

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都、仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社という名前で、注文住宅を設計したり、施工したり、

デザインをしています。

仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

買う家と建てる家ということを考えています。

つまり、建売と注文住宅です。

どちらにもいい部分があるので、一概にこれとは言えませんが、

注文住宅という選択をされたお客様に精一杯のご提案をさせていただきたいと思います。

 

さて、本日は“シンメトリーとアシンメトリー“

について書かせていただきます。

 

いつも書かせていただく事はあくまで弊社の考え方です。

怒らずに読んでいただけると幸いです。

 

お家のデザインを考える時に大切にしていることがあります。

”シンメトリーとアシンメトリーを使い分ける”です。

 

基本的に建物は外観から考えます。

外観のデザインをどんな方向性するのか。

どんな素材を使用したいのか。

これを目一杯イメージしなければなりません。

これは、建築会社側はもちろん、お客様もです。

お客様にもイメージを膨らませていただく必要があります。

イメージを膨らませていただくだけの資料を準備するのは当然ですが。

 

外観の大まかなイメージを持つことで、どんな窓にして、どんな窓の配置にするのかが決まります。

 

建物のデザインで最も美しいと思っているのはシンメトリーです。

やりすぎないシンメトリーが美しいと思います。

壁の面積が少ない状態でシンメトリーにこだわりすぎるのはお勧めしません。

非常に表現が難しいのですが、建物の形が整っていると

アシンメトリーが似合う場合もあります。

つまり、足すだけではなく、引いてみることも大切かなと思います。

 

外観からのご提案を基本として、外から見たときにどんな間取りになっているのかわからない。それでいて使いやすい間取りをご提案させていただきます。

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »