予算3000万円で建てる注文住宅

こんにちは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

 

本日は予算3000万円で建てられる注文住宅について書きたいと思います。

 

まず、家造りにはどんなお金がかかるのでしょうか。

それを抑えましょう。

 

建物本体価格 坪50万円みたいな広告や宣伝をよく見かけると思います。

 

これを見てどう思いますか。

35坪の家を建てたいから・・・

 

35坪 × 50万円 = 1750万

 

この計算で建てられるとおもいますでしょうか。

 

これでは注文住宅は出来ません。

(建売はまた別の考えになるので、ここでは説明は省きますね。)

 

注文住宅にはその他に沢山の費用が掛かるからです。

 

まずは、土地費用です。

古家がある場合はその解体費用も掛かります。

 

次に給排水費用が掛かります。

その土地に水道、汚水、雨水、ガスなどがない場合はそれを取り出して引き込んでこなければなりません。

 

次に外構費用です。

外構は別にされている場合が多いです。

 

次に照明器具・カーテン費用です。

これらは後回しにされている場合が多いです。

配線工事費は建物本体価格に含まれます。

 

次に行政庁手続き費用です。

 

挙げさせていただいた以外にも

地盤改良工事費用、水道加入金、契約書印紙代、表題登記、保存登記、などなどあります。

 

それ以外にも特殊な事をする場合は別途費用が掛かることが多いです。

 

注文住宅を建てるということはこれだけの費用が掛かってくるということなのです。

 

ここまでで注文住宅を建てる時に必要な費用の項目がわかりました。

次は各項目がどのくらい費用が掛かるのかというのをまとめていきます。

 

まずは土地代です。

これは選ばれる場所によるので未定です。

仮に1000万円と仮定しときます。

 

次に給排水費用です。

これは選ばれる土地によって金額が変化するので未定です。

仮に100万円と仮定しときます。

 

次に外構費用です。

外構は特殊なことをすればお金が際限なくかかるので

一般的な駐車場2台、ポスト、山砂整地とします。

これでも150~200万円くらいはかかってしまいます。

 

次に照明・カーテン費用です。

こちらも建物の大きさ、窓の数、特殊な照明器具やカーテン生地を選ばれると変化してしまいます。

一般的な国産のもので選定しても

照明器具30~40万円、カーテン30~40万円くらいはかかります。

 

次に行政庁手続き費用です。

これは申請手数料の事です。

こちらが大体10万円くらいかかります。

 

次に地盤改良工事費用です。

これは必ずかかるものではありません。

地盤を調べて弱いと判断されたら必要になります。

これは建物の大きさ、改良工事の工法にもよりますが、

大体100~150万円くらいかかります。

 

その他、造作工事にも費用がかかります。

本棚を作りたい、オーディオルームを作りたい、階段の手すりを化粧の格子にしたい

TVを壁かけしたいなどなど。

特別な事はまずお金がかかります。

 

その次に登記費用、銀行手続き、などなどの諸費用が

150~200万円くらいかかります。

 

これを全部合計すると

・建物本体価格 1750万円

・土地費用   1000万円

・給排水費用   100  万円

・外構費用   150 万円

・照明器具費用 30  万円

・カーテン費用 30  万円

・申請手数料  10  万円

・地盤改良費用 150 万円

・特殊造作工事 100 万円

・諸費用    200 万円

合計金額 3520万円となります。

土地の金額を抜いたとして

2520万円。

わかりやすく2500万円とします。

 

広告や宣伝でよくみる坪単価50万円

 

35坪だと1750万円

 

1750万円との差が750万円も発生してしまうのです。

 

ここもしっかりと抑えておかなければいけません。

 

 

 

それでは次に弊社に置き換えてお話しをしていきます。

 

まず、弊社の坪単価は存在しません。

 

それは全て注文住宅だからです。

 

注文住宅とはフルオーダー。

 

扉のデザインも照明の位置もスイッチの位置もコンセントの数も外壁材も屋根材もタイルもクロスも照明もカーテンもキッチンも洗面もトイレもお風呂も床材の種類も床材の張り方も塗装の色も種類も他にもまだまだ沢山決めていただかないといけません。

 

扉もA(10万円)のデザインとB(13万円)のデザインでは3万円も差がでてきます。

例えば扉が10枚あればそれだけで30万円の差になります。

 

他の条件は全く同じで扉デザインだけを変更してAとBを比較してみると

同条件で作った場合1500万円

そこに扉デザインを変更した30万円をプラスして、1530万円。

 

1500万円と1530万円で35坪の建物を作ると

坪単価42万と43万となります。

つまり1万円もちがってくるのです。

これはどの項目にも当てはまってくるので、チリも積もればといった感じです。

 

 

だいぶ前置きが長くなりましたが、これまで書いたことを踏まえて

 

 

弊社では1750万円の建物本体価格で何ができるのかを書いていきます。

※1750万円の根拠は35坪 × 50万円 です。

 

まずは基礎です。

基礎はべた基礎を採用しております。

べた基礎も今では主流ですね。

 

鉄筋要領などは【小規模建築物基礎設計の手引き】などの文献を参考させていただいております。

その他にも沢山の参考文献などから一番、最適だと思われる基礎の配筋要領、コンクリートの強度を決めて設計施工させていただいております。

 

次に木工事です。

木工事は2×4(ツーバイフォー)工法を採用しております。

どうして2×4工法を採用してるかというと

僕が個人的に造る工程の制約が多いと思っているからです。

つまり、造るのが面倒くさいと感じています。

在来工法も沢山経験させていただきとても素敵な工法だと思います。

 

どちらでも遜色ないのですが、小屋組みの造り方、壁の釘の打ち方、壁枠組みの留め方、

石膏ボードのビスの打ち方、ボードと開口部の関係性、すべてが面倒くさいのです。

ですが、その面倒くささが、がっちりしているイメージです。

そこが好きです。

くれぐれも、これは僕の個人的な見解、僕なんかの小さい小さい知識量で判断していることですのでこんな書き方になっていてもご容赦くださいませ!

 

次に断熱材です。

断熱材は建てていただいたお客様から『暖かい』と仰っていただけます。

でも、特別な事をしているわけではなく当たり前の事を当たり前に行っている感じです。

断熱検査、防水検査、気密検査を導入しているので間違った施工はしていないと思います。

 

断熱に関して、今は別な方法も検討している最中ですので、また別な機会で発表させていただきたいと思ってます。

 

次に屋根です。

屋根材はどんなものでも使用します。

瓦は別途お金がかかってしまいますが、シングル葺き、スレート、ガルバなどなど

沢山の種類を扱います。

 

次に内部建材(床、巾木、廻り縁、ケーシング(額縁)、扉、枠、カウンターなどなど)です。

弊社は基本的には無垢材を使用しています。

床材もパイン、オーク、クリ、アカシア、チェスナットなど沢山の種類を扱います。

金額によってはカラーフロアも使用しますが、実際のサンプルを触れてみていただき

暖かさを感じていただき、差額を見ていただき、最終判断していただくようにしています。

 

扉は海外の映画に出てくるようなデザインを沢山使用しています。

似たようなデザインも沢山ありますが、凹凸の感じや陰影が違います。

実際に弊社のサンプルで体験してみてください。

 

巾木、廻り縁、ケーシング(額縁)なども凹凸感がまるで違います。

ぜひ弊社で体験してみてください。

 

カウンターなども全て造作で作ります。

それに塗装します。

塗装は全て統一することにしました。

 

次に外壁材です。

外壁材は塗り壁が基本です。外壁材というのは絶対に汚れます。それなら汚れたときにかっこいい方を選んでいただきたい。そう思い塗り壁にしています。

サイディングも素敵ですが、汚れてきた時の感じがあまり好きではないです。

そのためにサイディングは標準にはしていません。

もちろんサイディングも素敵なので、ご用命いただいた際には施工させていただいております。

 

次に住宅設備機器です。

ここでは詳しいメーカーさんのお名前は出しませんが、必ずご納得していただける

ラインナップです。

ぜひ、弊社で体験してみてください。

 

次に壁紙です。

一般的にはクロスといわれています。

クロスは大きく分けて、量産と1000番と2種類あります。

基本的には1000番クロスです。

ご予算によっては量産からお選びいただいております。

輸入クロスやカルクウォール、エコカラットなどの特殊材料は別途になります。

 

他にも気になる部材や商品があると思います。

 

そんな時はぜひ、弊社にお問い合わせいただけますと幸いです。

 

GOOD DESIGN × ARCHITECT INNOVATION

Translate »