吹き抜けについているプロペラの意味

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

杜の都、仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

 

本日は“吹き抜けについているプロペラの意味“

について書かせていただきます。

 

みなさんは吹き抜けのイメージをどのように持たれていますでしょうか。

開放感がある。

暖かい空気が上に行くから寒い。

日差しが沢山取り込める。など

沢山あるかと思います。

暖かさにネガティブなイメージを持たれている方が多いかと思います。

 

開放感はあるけど、冬に寒いのは嫌。とおっしゃられる方は沢山いらっしゃいます。

寒さというのは、人の主観が多いので難しい問題です。

 

吹き抜けの天井にプロペラをつけることでそれは解消できます。

 

プロペラは別名、シーリングファンと言います。

シーリングファンは右回りと左回りに切り替えることが可能です。

この二つの回転を上手く利用します。

どう使い分けるか。

 

夏場と冬場で分けることをお勧めします。

夏場は風を下に向けるように回転させます。

扇風機のような役割を果たして、空間が涼しくなります。

 

冬場は天井に風を当てるように回転させます。

すると風は天井を経由して壁伝いに足元に降りてきます。

壁伝いに暖かい空気を下ろすことで、

窓からくるコールドドラフトの冷気の侵入に暖気を混ぜることができます。

※メーカーによってプロペラの回転方向と風の向きは異なります。

今の窓の断熱性能はとても優秀なので、冷気も入りにくく結露もしにくいです。

天井から暖気を下ろしてくることで吹き抜けが寒いということは解消できるのです。

 

色々な情報を見ていると吹き抜けに対するマイナスイメージばかりを書いているものをよく見かけます。

吹き抜けは悪い部分もあるかもしれません。しかし、いい部分もあります。

人によって感じ方は違います。

 

吹き抜けを取り入れることで開放感を得ながら、暖かさも確保したい。

そんな要望も叶えられないことではないということです。

 

ぜひ、ARCHITECTINNOVATIONに相談してください。

お客様のご要望を叶えられるようにご提案させていただきます。

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »