和室は独立させるべき?それともリビングに隣接させるべき?

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都、仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社という名前で、注文住宅を設計したり、施工したり、

デザインをしています。

 

仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

 

本日は“和室は独立させるべき?それともリビングに隣接させるべき?について書かせていただきます。

 

家づくりをするときには部屋の数を決めるます。

つまり、何LDK(リビングダイニングキッチン)にするか?

これを決めていきます。

 

大体4LDK(リビングダイニングキッチン)が多いです。

4つの部屋とLDK(リビングダイニングキッチン)です。

家族構成によって部屋の数は変わりますが、今回は4LDKの場合で話をしていきます。

 

4LDKで多くの場合は、

1階にLDKと1部屋。2階に3部屋という構成が多いです。

 

このときに1階の1部屋は和室にされるお客様が多いです。

「和室」とはいいますが、正確にいうと和室ではありません。

洋室に畳を敷いてある部屋です。

(※和室のお話はまた別の機会に書きます。)

 

次に1階の1部屋をリビングにくっつけるか、独立させるかを決定します。

これは用途によって決められることが多いです。

 

独立にされる場合は、正月をその和室で過ごす。客間として利用したい。など。

 

リビングに隣接させる場合は、子育て世代にとってはとてもいいかと思います。

お母さんがお子様を休ませるときに和室を利用する。子供の遊び場。

キッチンに立っていても、和室で遊ぶ子供の姿が見える。

このように和室(洋室)も独立にする場合とそうでない場合と

利用の仕方が明確に分かれています。

間取りを考えるときには、ぜひこのことも検討事項に加えてみてはいかがでしょうか。

 

本日は、“和室は独立させるべき?それともリビングに隣接させるべき?“について書かせていただきました。

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »