地盤調査ってなんでしなければならないのか?

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都、仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社という名前の会社です。

注文住宅の設計、インテリア、工事を行っております。

 

本日は“地盤調査ってなんでしなければならないのか?

について書かせていただきます。

 

家づくりをするときに、1番最初にすることがあります。

それが、

“地盤調査“

です。

 

地盤調査とは何か。

これは、簡単に説明させていただくと

“地面の強さを調査すること“

です。

つまり、計画中の建物が

その土地の地面に建てても問題ないかを調べるということです。

 

調査方法には、何種類かあります。

・SS試験

・ボーリング調査

・表面波探査法

などなどあります。

 

戸建て住宅の場合は、SS試験が多く採用されています。

どんな調査方法かは、とても専門的な話になるので

本日は説明を省かせていただきます。

 

SS試験を行い、その土地が

建物を建築しても問題ないかを判断して、

地盤保証をかけるということになります。

地盤保証とは、保証会社が地盤に対して保証をするということになります。

 

SS試験の結果、

そのままの土地の状態で建築ができる。

という場合と、

保証会社の指定の内容で補強工事を行う

という場合の

二通りになります。

 

地盤調査は必ず行わなければいけないものになっています。

地盤調査を行わなければ、瑕疵保険に加入できないということになります。

そして、改良工事の指示があった場合は必ず、地盤改良を行わなければいけません。

ちなみに改良工事を行わなければいけないという、法律的な義務はありません。

セカンドオピニオンを行い、地盤改良工事の必要なし。

と、判定が覆ることも何度か見かけたことがありますが、

それは、あまりお勧めしません。

セカンドオピニオンにかけるということは、改良工事の予算の削減が目的として

あるかと思います。

しかし、それは見せかけだけの予算の削減でしかありません。

改良工事の判定が出た場合の改良工事費用がかかるということは、

建築会社、もしくは設計士がしっかりとご説明させていただかなければいけません。

 

改良工事は、

・表層改良

・砕石置き換え

・柱状改良

・鋼管杭

・パイル

などなど。

沢山の手法があります。

工法や地面の強さによって、選択される改良工事の方法や費用が変わってきます。

一概に「○○○円です。」とは言えない部分があります。

資金計画も、改良工事があった場合を想定して行わなければいけません。

資金計画に地盤改良工事の予算が含まれているかどうかも

確認していただくことをお勧めします。

 

つまり、

地盤調査は瑕疵保険加入の為にも必ず必要。

改良工事は法律的な義務はないが、することが当たり前。

と、弊社は考えております。

 

地盤調査のことなども詳しく知りたい方は、

お気軽にご相談いただければと思います。

 

 

本日は、

について書かせていただきました。

 

宮城県全域、仙台市内で建築工事、建築設計、デザイン全般を

行わせていただいております。

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »