天井の高さはそろえた方がいいよね

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

 

沢山の方にご協力をいただき、建設業の許可を取得することができました。

本当にありがとうございます。

これからも精進していきます。

 

 

本日は“天井の高さはそろえた方がいいよね“

について書かせていただきます。

 

建築をさせていただくときは、なるべく全てのものラインを揃えます。

ダウンライトの照明の位置、窓のライン、開口の高さ、

お客様のご指示や、構造的な梁などの影響がない限り

目に見える全てのラインをなるべく揃えるようにしています。

外壁の目地や換気扇のフードの位置などもこれらに含まれます。

海外で勉強させていただいた建物も全てラインが整っています。

これが本当に美しいです。

 

そこで今回は、天井の高さについて書きます。

天井の高さというのは、建築の工法に影響されます。

日本にある工法は大きくわけて二つです。

在来工法と2×4工法(枠組壁工法)です。

在来工法は天井の高さを自由に設定することができます。

2.4㍍、2.5㍍、2.6㍍などなど。自由に決めることが可能です。

それに比べて2×4工法(枠組壁工法)は天井の高さに制約があります。

基本的には、2.4㍍です。柱の長さを変更すれば、天井の高さに自由度も持たせることができますが、その分コストに関わります。

 

弊社としては、天井の高さはさほど重要ではないと考えています。

2.4㍍の天井高さにして、ガキガキの天井になるのであれば

2.3㍍の天井高さにして、フラットにすることがおすすめと考えています。

 

住宅の天井の中には、配管や配線、ダクトなどが張り巡らされています。

これらを表に出さないために天井の中に隠します。

そして、法律で居室の天井高さは2.1㍍以上と決められています。

これらを守った上でフラットの天井にすることをお勧めします。

フラットにすることで照明の配置を綺麗にすることができます。

 

つまり、

天井の高さを揃えることが他の部分(照明のラインなど、天井が雁行していなければ、配置しやすい)も揃えることにつながります。

 

天井の高さを高くすることだけを考えるのではなく、

本当に必要な天井の高さと美しさを考えてご提案させていただきます。

 

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »