家づくりでこだわる収納【後編】

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で設計をしたり、施工をしたり、デザインをしたりしています。

 

本日は、

“家づくりでこだわる収納 【後編】“

について書かせていただきます。

 

注文住宅で建てる場合にこだわった方がいいことですが

それは、

“収納“

です。

 

昨日に引き続き、収納のこだわりポイントを解説していきます。

 

まずは

“棚の奥行“

です。

棚の奥行はとても大切です。

どんなものを収納したいのか。

どのように収納したいのか。

それによって決まります。

例えば漫画本を沢山持っていらっしゃる方がいたとします。

漫画本は2列で(手前と奥)で収納したいのか。

それとも1列で収納したいのか。

これだけでも棚の奥行が変わります。

シューズクローゼットの場合、

靴のサイズはいくらか。

何足あるのか。

背の高いブーツはどれくらいあるのか。

これによっても段数や高さ、奥行が変わります。

キャビネットに入れて棚に乗せたい場合もキャビネットの大きさから

奥行が決まります。

つまり、棚の奥行は一律とはいかないのが現実です。

これをしっかり決めておかないと、

自分の意図とは違う収納になってしまいます。

せっかくの注文住宅です。

そこまで吟味してみましょう。

 

次は

“棚の高さ“

です。

棚の取り付け高さはお客様の身長に合わせて取り付けするのがベストだと思います。

一番利用される方の身長です。

 

どういう事か。

食器戸棚の吊り戸の位置は奥様の身長に合わせて取り付けるという意味です。

ご主人の趣味部屋はご主人の要望、身長などに合わせて取り付けるという意味です。

なぜそうするか。

建売のように実際に完成した建物を見て購入する場合はモノを見ているので

棚の高さがどのように取りついているかではなく

棚があるかないか。どんな棚がついているか。

それに興味がいきます。

それでイメージをすると思います。

「この棚がここにあるから、こんな感じで収納できるな」と。

これも素敵な事です。

しかし、注文住宅です。

この棚を利用してこのように収納しよう。ではなく

これを収納したいから、こういう棚にしようと決めるべきなのです。

 

打ち合わせをさせていただき、収納内部の仕様から打ち合わせをさせていただきます。

洗濯機脇にもこのような収納棚を設けることができます。

洗面室と脱衣室を分けています。

 

 

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »