左官工事の模様はランダムにする

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都、仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社という名前で、注文住宅を設計したり、施工したり、

デザインをしています。

仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

 

今月は二組のお客様とご契約をさせていただくことになりました。

本当にありがとうございます。

 

お客様と打ち合わせをさせていただいてる時間が本当に大好きで、楽しいです。

本当にありがとうございます。

 

 

さて、本日は“左官工事の模様はランダムにする“

について書かせていただきます。

 

Architectinnovationの外壁材は塗壁をお勧めしています。

それは、以前にも書きましたが

汚れてもかっこいいからお勧めしています。

経年変化が進んだ塗壁はとても素敵です。

これに関しては以前のブログを読んでいただければと思います。

 

塗壁は左官職人さんが施工します。

左官といえばどんな模様を想像されますか?

よく想像されるのは扇型ではないでしょうか。

 

しかし、弊社は扇型は採用していません。

扇型も素敵なのですが、扇型は採用していません。

 

海外では扇型の左官仕上げは全く見かけません。

地域によってはあるかもしれませんが、僕が行った海外では全く見かけませんでした。

海外の塗壁は、全てがいい意味でテキトーです。

模様に統一性を持たせず、ランダムです。

 

これが素敵なんです。

塗壁のランダムの仕上げをぜひ見てください。

 

全てが統一されていないランダムな塗壁の凹凸は本当に素敵です。

陰影感がとても素敵です。

 

ぜひ弊社に見に来てください。

 

 

 

 

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »