建築日誌(基礎工事・掘削編)

先日、着工しました現場ですが着々と進んでおります!

今は基礎工事の段階ですが、一重に基礎工事といっても沢山の工程が順番に訪れます。

掘削、根切り、砕石敷き、捨てコンクリート打設、鉄筋組、生コン打設(これは2回に分けて行います。)そして養生、型枠解体などの工程を経て、設備屋さん、大工さんへとバトンタッチされていくわけです。

基礎工事はどれも全てが大切な工程で、そして、最も大切な配筋検査というものを実施していきます。

配筋検査とは何か!?

これは、配筋が図面通りに施工されているのかを第3者に見ていただく事です。

そもそも基礎とは、鉄筋とコンクリートを合せたものですが

(なぜ合せるのかというと鉄筋の持つ性質(強さ)とコンクリートが持つ(強さ)がそれぞれ違うので、それぞれが補いあい強固なものを作り出すのですが、この説明をしていると大変な長文になってしまうので省きます・・・。)

コンクリートを1回流し込んでしまうと固まってしまうので中に何が埋まっているのかわからなくなってしまうので、変な施工や図面と違う施工がされていないかを鉄筋が組みあがった状態でチェックしてもらう事が配筋検査になります。

今まで沢山の配筋検査に立ち会ってきましたがそこで感じたことは

検査が簡素だということです。それでも保証が付くのであれば

問題ないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それは違います。

何度も何度もお話してきましたが、お家は一生に一度のお買い物です。

図面だけではわからない事があるのです。

鉄筋の短辺と長辺のどちらを上にするのかなど他にも沢山の事に気を配らなければいけないです。

そこで弊社は品質検査というものを採用しております。

一つの検査項目を増やし、厳密に行うことにしております。

自社検査と品質検査の両側面から確認を行っていきます。

それだけ第3者の差別の無い眼で行う検査という物が

大切なのです。

お家造りは眼に見える部分が大切にされがちですが、

見えない部分こそ美しく、堂々と行う事こそが大切なのです。

これから家造りを検討されている方は、

そんな眼で家造りを見ていただければと思います。

 

GOOD DESIGN × ARCHITECT INNOVATION

 

 

Translate »