敷地の中に建物を入れるとき

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都、仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社という名前の会社です。

注文住宅の設計、インテリア、工事を行っております。

 

本日は“敷地の中に建物を入れるとき

について書かせていただきます。

 

間取りを決めるときに、大切なのは要素の一つとして

“敷地の中に建物を入れる“

ということがあります。

しかし、これから書くことを気をつけていないと

間取りの完成後に間取りを変更しなければならないということが起きてしまいます。

何に気をつけなければならないか。

それは、

“お施主様の車の大きさと台数と理想の位置を確認する“

です。

 

間取り作成の前にまずはこれを確認しておかなければいけないと思っております。

 

まずは、

“大きさ“

です。

車の大きさは、とても重要です。

車の車種、メーカーなどを確認します。

車種を教えていただければ、ネットで大きさを確認することが可能です。

一般的には、車一台の駐車場の大きさは、

幅:2.5㍍ 奥行き:5.0㍍です。

しかし、これだと駐車できない車も存在します。

海外の車で大きなものもありますし、日本車でも大きな車はあります。

今の車の大きさを確認するだけでも足りません。

今は軽自動車でも、将来的にご家族が増えて

大きな車に買い替えるなんてことも可能性としてはゼロではないかと思います。

弊社は最初のご提案の駐車スーペースは1台あたり

幅:2.6〜2.7㍍ 奥行き:5.1〜5.2㍍でご提案させていただきます。

それから、最適な駐車スペースの大きさをご提案させていただきます。

 

次は、

“台数“

です。

台数も確認が必要かなと思います。

建売などは、2台で計画することが一般的になっています。

しかし、注文住宅の場合はそうもいきません。

お客様によっては、ご家族分お車を所有されている方もいらっしゃいます。

3台、4台とお持ちの方などもいらっしゃいます。

来客用に小さな軽自動車専用駐車場を検討されるお客様もいらっしゃいます。

駐車場のスペースを確保すると、確保した分だけ

建物を造れるスペースが少なくなるということもあります。

敷地の大きさと間取りと台数をセットにご検討いただくことが大切かなと思います。

 

次は、

“理想の位置“

です。

理想の位置とは、生活を想定して

1番理想の位置を探ることが大切かなと思います。

理想の位置を決める時に大切かなと思うことは

玄関との位置です。

玄関から駐車場が遠いと

買い物から帰った時に買い物袋を持っていくのが大変です。

雨が降っていたりしたらもっと大変です。

小さなお子様がいらっしゃる場合も同じです。

玄関と駐車場の位置を確認するだけではダメです。

お庭をどのあたりに確保したいのか。

これも大切です。

一概にはいえませんが、南側に庭を取れずに駐車場を取ってしまうともったいない場合もあります。

お客様の生活スタイルを確認して、理想の位置を探っていくことが大切かなと思います。

 

いかがでしょうか。

あくまで、弊社が考える間取りを決めるときの

大切な要素の一つとして書かせていただきます。

 

 

本日は、“敷地の中に建物を入れるとき

について書かせていただきました。

 

宮城県全域、仙台市内で建築工事、建築設計、デザイン全般を

行わせていただいております。

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »