断熱と気密の重要性

こんにちは!

ネイルサロンW様、の工事も順調に進んでおります!!!

ことり不動産様の工事も間もなく開始いたします!!!

もう間もなくご契約いただくお客様もいらっしゃいます!!!

そんな状態のArchitectInnovation株式会社ですが沢山思う中のひとつとして工事を進めていく上で、性能値を確保するということは絶対条件の一つになっていると思います。

災害や事件によって建築基準法は幾度も改正され、それによって建物は進化し続けています。

しかし、断熱や気密に関する考え方がはっきりと示されていない、若しくは示されていても関心が無いという事を少し感じます。

宮城県で建築する以上、断熱性能の確保と気密工事は最重要ポイントだと思います!

上記の写真は弊社の施工写真になりますが

グラスウールという断熱材を採用しております。この写真一枚の中にも何回も打合せをして、大工さんと協議して創意と工夫が張り巡らされています。

【見えない場所こそ美しく】が基本の考え方です。

グラスウールという断熱材は昔、ずり落ちて断熱欠損が起きてそこから壁体内結露が発生するので、使うべきじゃないみないな事が出ましたがそれは施工の間違いからおきた事象です。

いまだに大工さんが断熱材を施工している会社様が沢山いらっしゃいますが、それ自体は何も問題がありません。

施工する大工さんに間違いない施工をする知識があるかどうかという事が大切なのです。

僕に断熱と気密の重要性を教えていただいた会社様は、大工さんに断熱材の施工を勉強してもらい、断熱マイスターという資格を持って施工していただいてます。

残念で悲しいことですが職人さんの中には、お客様の一生に一度のお家作りを 沢山ある施工する中の一棟、としてしか扱ってくれない方々も沢山います。

お客様の思いから離れれば離れるほど、見た目が納まっていればいいみたいな考え方で施工していらっしゃる方もいます。

そのような考え方の方には弊社の現場には入っていただきません。

 

着工棟数が落ち込む今だからこそ、本当の注文住宅が造れる会社様が必要なはずです。

ネットが普及してそこにあるのが当たり前になった世の中で、誰でも簡単に建築の情報を手にすることが出来ます。

家造りをご検討していらっしゃるお客様は一生に一度の家造りです。だから真剣なのです。真剣に正しいか正しくないかわからないけど必死に調べた情報を元に家造りに思いを馳せるのです。

このお客様が持っている情報を正しく素敵に導くお手伝いをすることが絶対に必要です。

会社の為の家造りではなく、お客様の為の家造り。

このバランスを崩さず行っていきます!

【見えない場所こそ美しく】

GOOD DESIGN × ARCHITECT INNOVATION

 

 

 

 

Translate »