注文住宅でコンセント、スイッチの位置を決めるコツ

こんにちは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

 

本日は、注文住宅でコンセント、スイッチの位置を決めるコツ” について書かせていただきます。

 

家造りでとても大切な事があります。

それはコンセント、スイッチの位置です。

 

賃貸では、すでにあるコンセントを利用されていると思います。

 

電力が欲しい場所にない…。

仕方なく延長コードにする。

これと同じようなことが注文住宅でも起きることはもったいないですよね。

 

なので弊社は建て始める前に打ち合わせの段階で

電気図(スイッチ、コンセント、照明器具、LANなどが描かれた図面の事です)を用いて

打ち合わせを行います。

まだ生活もしてない、完成もしていないお家を想像しながら行うのでとても大変です。

建築会社の人間は何棟も建てさせていただいた経験があるので想像できる部分は多いです。

しかし、お客様は一生に一度の家造りです。

想像することは容易ではありません。

どんな家電を置くのか。

Wi-Fi関係はどこにまとめるのか。

冷蔵庫は右開きか。左開きか。

コーヒーメーカーは置くのか。

エアコンはどんな向きで配置するのか。

他にも沢山の事を想像しながら決めていただかなければいけません。

 

そこで弊社は二重の打ち合わせの体制をとらせていただきます。

まずは、図面上でチェック、打ち合わせ。これは着工前です。

次が肝心です。

電気配線工事前に現場で確認させていただきます。

これはすごく好評をいただいております。

コンセントの高さ、位置、数

スイッチの位置などなど。

いわゆる上棟打ち合わせと弊社では呼ばせていただいております。

この上棟打ち合わせが終了して、壁に断熱材を入れる工事がはじまります。

 

上棟打ち合わせを設けることで、いままでは図面上で平面的にしか想像できなかった

事が立体で想像可能になるのです。

 

当初、図面上で決定していたことを現場で調整していくイメージです。

 

完成している建物に住んでみて初めてわかることは多々あると思います。

コンセントやスイッチもそうです。

 

その不具合が起きる可能性を少しでも軽減するべく、二重の打ち合わせをとらせていただいております。

 

 

 

それでは、前置きが長くなりましたが

本題をお話ししていきたいと思います。

 

 

4点ありますので、順に挙げさせていただきます。

 

注文住宅でコンセント、スイッチの位置を決めるコツ

一つ目は 廊下のコンセントを重視すること“ です。

 

沢山のお客様と打ち合わせをさせていただいておりますが

どうしてもお部屋にばかり気を取られてそれ以外がおろそかになっている感覚があります。

その代表が廊下です。

どうして廊下にコンセントが必要か。

それは掃除です。

新築にお引越しをしたからといって全ての家電や掃除機を買い替えるなんてことができる人はごく一部の方だと思います。

まだまだコード式の掃除機を大切に使用さえている方が沢山いらっしゃいます。

その為にもコンセントは必要だと弊社は考えております。

 

しかし、掃除機はコードレスだし、廊下はすっきり見せたいからコンセントやスイッチの類は全て隠すようにとご用命をいただいたこともあります。

その場合はそうさせていただきます。

 

先日のInstagramのストーリーでもご紹介させていただきましたが、コンセントやスイッチのプレートを塗ると壁紙と同化して目立たなくなるような施工も可能となっております。

 

それ以外にもスタンド照明を配置する計画がある場合にも

廊下にコンセントは重要かなと弊社は考えております。

 

 

注文住宅でコンセント、スイッチの位置を決めるコツ

二つ目は スイッチの位置と高さ“ です。

まず、スイッチには沢山の種類があります。

単独のスイッチ。

単独とは一つの照明を一つのスイッチで付けたり消したりすることができる。

 

3路スイッチ。

これは一つの照明を二つのスイッチで付けたり消したりすることができる。

 

4路スイッチ。

これは一つの照明を三つ以上のスイッチで付けたり消したりすることができる。

 

大体こんな感じです。

これを住宅の中で使用していくわけです。

 

3路スイッチや4路スイッチは廊下や階段などで利用される場合が多いです。

 

スイッチの種類はこんな感じです。

次は高さです。

大体一般の住宅は床から1メートル25センチくらいの高さにとりついていることが多いです。

 

しかし、これは全ての人に当てはまることはないと弊社は考えております。

 

人によって身長はバラバラです。

なので、スイッチの高さも住む方によって変更しなければいけません。

打ち合わせの段階でどのくらいのスイッチの高さが押しやすいか検討していただいて

決定していただきます。

 

次は位置です。

お部屋に入った時に一番押しやすい場所にあることがベストだと思います。

構造的に柱が集中するような場所は無理ですが、可能な限り

ベストの位置に配置します。

 

扉の陰になるような配置はしないようにすることが大切だと弊社は考えております。

 

 

 

注文住宅でコンセント、スイッチの位置を決めるコツ

三つ目は コンセントの数“ です。

コンセントの数はとても重要です。

図面と現場の二重打ち合わせの中で

最終決定しなければいけないのですが、

 

想像することがとても難しいと思います。

 

リビングにはどんな家具を配置するのか、

ゲーム機は何台使用するか、

パソコンはどこで利用するのか、

ドライヤーはどこで使用するのか(これは回路分けに関わってきます。)

お庭でバーベキューはするのか、

お車の洗車はするのか、

電気自動車にされるご予定はあるのか、

インターネットは無線と有線はどちらがいいのか、

他にも沢山あります。

 

これを住んでいなければ、完成もしていないお家で想像しなければいけないので

とても大変です。

でも、決めていただかなければいけないのです…。

これは予算に跳ね返ってくるからです。

弊社も電機配線の予算の金額は決まっております。

その中からはみ出したものは追加になるのですが、

建てる前と完成後では

追加金額の単位が変わってきます。

建てる前ではコンセントは1か所追加で数千円。

完成後では数万円。内容と場所によっては数十万円と変わります。

このような理由から難しいことを承知で想像していただく事をお願いしておりました…。

 

どうしても想像が難しい場合や決められない場合は遠慮なさらずに仰ってください。

弊社の3D手描き提案電気の二重チェックがあります。

 

 

注文住宅でコンセント、スイッチの位置を決めるコツ

四つ目は 照明器具の位置と高さ“ です。

 

これはコンセントとスイッチとは違いますが、

同じ電機関係ということで書かせていただきます。

 

照明器具には沢山の種類があります。

 

ダウンライト(天井に埋め込まれた照明)

シーリングライト(天井についている照明)

ブラケットライト(壁についている照明)

ペンダントライト(天井から吊り下がっている照明)

などなどです。

 

 

今回はダウンライトとブラケット照明について書きます。

まずはダウンライトです。

3尺(壁の真ん中から壁の真ん中まで91センチ)の幅の廊下があったとします。

構造的に難しい場合を除いて、基本は真ん中に入れないとおかしいかなと弊社は考えております。※あえて壁際に寄せている場合は別です。

あとはダウンライトからダウンライトまでの距離です。

近すぎてもだめ、遠すぎてもだめなどもあります。

 

次はブラケットライトです。

この照明は特に難しいです。

 

とにかくいえることは

“電球を変えられる高さに設置する”ことです。

いまではLEDが増えてきましたが、かわいい照明器具などはLED不可のものもあります。

電球が切れたとき、電球を交換できない位置にあるのはお客様に余計な負担をおかけしてしまうのでダメだと考えております。

 

そしてもう一つは、ブラケットライトには同じ高さで納めていい場所など存在しないということです。

 

これはどういうことか。

廊下にブラケットライトを何個も配置する場合は高さを揃えるのがいいと思います。

しかし、違う空間では別物です。

 

つまり、玄関の扉の脇のブラケットライトと洗面化粧台のブラケットライトの高さは別物ということです。

 

ブラケットライトの高さを建物内で2メートルと、統一は出来ないということです。

 

 

 

それ以外にも沢山のノウハウのもと、

お客様の注文住宅を建築させていただいております。

 

弊社の家造りに少しでも気になることがございましたら、

いつでもお気軽にご相談くださいませ。

 

先日も完成後に配線を通してほしいと言われて、配線が表に出ても仕方ないと仰られたお客様がいらっしゃいました。

それでもせっかくの新築です。

壁と天井の一部を剥がして、施工しなおしたなんてこともありました。

 

GOOD DESIGN × ARCHITECT INNOVATION

Translate »