注文住宅における天井の高さ

こんにちは。こんばんは。Architect innovation株式会社の吉田です。

仙台で注文住宅の設計をしたり、施工をしたり、デザインをしたりしています。

 

本日は”注文住宅における天井の高さ”について書かせていただきます。

お部屋には床と天井があります。

床から天井までの高さを天井高さといいます。CH(シーリングハイ)ともいいます。

 

沢山のお客様と打ち合わせをさせていただくと、天井は出来るだけ高くしたいと仰る方が多いです。

確かに天井が高いと解放感があり、素敵です。しかし、低くても素敵です。

高くても低くても素敵ということを深掘りしてご説明させていただきます。

これは、弊社の考え方なので寛大な気持ちで見ていただけると嬉しいです。

 

まず、住宅の天井高さは大体2.4mが多いです。法律では、2.1m以上となっています。

工法や作り方によっては3.0m〜2.5mなども作れます。

 

弊社が考える素敵な天井を結論から書くと、

”天井は高さを揃える”

ことが大切だと弊社は考えております。

例外はありますが、

2.1mの天井なら全て2.1m。

2.5mの天井なら全て2.5m。

これが弊社の考える素敵な天井です。

 

2階建ての住宅の場合、天井は2つあります。

1階の天井と2階の天井です。

この天井の中には色々なものが隠れています。

電気の配線。

断熱材。

換気のダクト(配管)。

トイレなどの配管。

これらを美しく、適当に納めなければなりません。

 

しかし、天井の中には梁や根太という材料が存在します。

穴あけなど適正な寸法は決められていますが、出来るだけ開けない方がいいです。

そのために最初の計画がとても重要になってきます。

計画段階で梁などを痛めないために天井の一部を下げなければいけない状況が出てきます。

その時に、どこからどのように見えるのか。

天井の一部だけを下げても汚く見えないか。

天井がガチャガチャするならいっそのこと一連で下げてしまう。

このようなことを考えて天井とその中に納まるモノの設計を行なっております。

 

次は、吹き抜けのお話です。

吹き抜けはとても素敵です。

しかし、【冬は寒い】や【音が漏れる】などのマイナスのイメージが多いお客様が沢山いらっしゃいます。

たくさんのお客様と打ち合わせをさせていただいて感じております。

確かに暖かい空気は上に上がっていきますので、【寒い】と思われるかもしれません。

しかし、2階建て以上の住宅には必ず吹き抜けが存在します。

それは階段です。

リビング階段のお客様などは階段の登り口にロールスクリーンをおろすなどして対策される方が多いです。

それではリビングの吹き抜けの対策はどうすればいいか。

それは、

”シーリングファン”

です。

シーリングファンというのはプロペラの事です。

シーリングファンって回転を右と左に変えることができる事はご存知でしょうか?

回転の向きを変えることで、

風を直接下に下す、上の天井に当ててから下す、と切り替えて使うことが可能なのです。

これはどういうことかというと、

夏場の暑い時は風を下に向けて扇風機のような役割を持たせる。

冬場の寒い時期は吹き抜けの天井に風を当てて壁づたいに暖かい風を降ろしてくる。

こうすることで、コールドドラフトの冷気と混ぜて床面に下ろすことができます。

このような対応が出来ます。

 

【音が漏れる】件についてのご相談も沢山いただきます。

確かに、吹き抜けに面する寝室はリビングでテレビをつけていると音が聞こえるのではないか。などの相談もいただきます。

それも、吹き抜けと寝室の境目の壁に断熱材【セルロースファイバーなど】を入れたりして対応可能です。

躯体伝搬音の対応なども大切です。

 

色々な本や情報で【吹き抜けは間取りに入れない方がいい】などの活字をよく見ます。

吹き抜けは構造上良くない。

寒い。

音が漏れる。

などのネガティブなキャンペーンが多いです。

吹き抜けを設ければ構造上弱くなるのは当たり前です。

木箱の床があるものとないものでは、

ないものの方がひしゃげるイメージです。

これは当たり前のことです。

しかし、これを構造上問題なくして

お客様のご要望の吹き抜けを実現する。

そうする事が建築会社の仕事だと弊社は考えております。

これは吹き抜けに限ったことではありませんが。

 

少し話はそれましたが、

つまり

”天井高さは、見え方などをあらゆる角度から検討して綺麗に揃える”

事が大切だと弊社は考えております。

 

仙台の注文住宅や家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »