注文住宅はお客様のお話を否定しないことが大切

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

今日の仙台はとても寒かったですね。温度変化で体調を崩さないようにしましょうね。

 

 

本日は“注文住宅はお客様のお話を否定しないことが大切“

について書かせていただきます。

 

注文住宅は打ち合わせを何回もします。

お客様は

一生に一度の家を造るならと

「ああしたい」とか

「こうしたい」とか

「この雑誌の家みたいにしたい」など

沢山の夢を持って相談してくださいます。

 

沢山の家づくりをしてきた建築会社の人間にとっては

「それは無理だな〜」とか色々と思うことがあるかもしれません。

 

しかし、それを否定するようなことをしてはいけないと思っています。

お客様は家づくりの素人です。

それでも一生に一度の家づくりに挑戦するのです。

その挑戦を応援できるような建築人でなければなりません。

 

まずは、お客様のお話をじっくりと聞いて

どんな家づくりをされたいのかを感じて

お客様のご要望をうまく盛り込みながら

ご提案をさせていただく。

建築会社がしたい家づくりではなく、

お客様のための家づくりでなければなりません。

 

僕も独立してから、沢山の挑戦をしています。

何度も挫けますが、それでも挑戦します。

 

お客様の家づくりという挑戦を弊社に応援させてください。

 

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »