注文住宅を建てるときに洗濯機パンを設置するのか?しないのか?

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

杜の都、仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

さて、本日は“注文住宅を建てるときに洗濯機パンを設置するのか?しないのか?“

について書かせていただきます。

 

洗濯機パンとは何か。

洗濯機置き場にあるプラスチックのものです。

こんな感じのものです。

 

これを弊社は標準品とはしていません。

つまり、ご要望がない限りは設置していません。

 

なぜ設置しないようにしたのか。

それは、

“掃除のしやすさ“を重視したからです。

 

洗濯機パンにはほこりが溜まります。

入り組んだプラスチックを綺麗に掃除するのはなかなか大変です。

 

洗濯機パンがあることで水漏れがしたときに安心。とか、床に傷が付きにくいなどあるかもしれません。

しかし、今は洗濯機も自体も優秀ですし、ホースが外れたといったことは聞きません。

それならば、掃除のしやすい状況にするべきと考え洗濯機パンを無くしました。

 

そして、もう一点気をつけていることがあります。

それは、排水のホースを手前側に持ってくるということです。

こうすることで、洗濯機とホースを繋ぎやすくなります。

 

 

ご要望をいただきましたお客様にはお付けさせていただきます。

 

洗濯機の配置を一つとっても大切なことですので、

遠慮なさらず、お問合せいただけますと嬉しいです。

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »