注文住宅を建てる時は坪単価で比較するのではなく、総建築費用で比較するべき

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

杜の都、仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

間取りを考える時には立体的に考えることがとても大切。

平面的な部分だけ見ていると、階段の下の空間(物入など)の高さが取れないなどの不具合が起きます。

お客様に立体的に想像していただくために、平面図とパースの併用が必要不可欠であると思います。

 

さて、本日は“注文住宅を建てる時は坪単価で比較するのではなく、総建築費用で比較するべき“

について書かせていただきます。

 

坪単価〇〇万円〜なんて広告をよく見かけます。

30万円代、40万円代など、掲載の金額は様々です。

 

建物の坪数にこの金額をかければおうちができると思われている方がいらっしゃいます。

例えば、広告に“建物坪単価38万円〜“

掲載している会社様があったとします。

 

これを見たお客様は

「私たちが建てたい坪数は30坪だから、

30坪×38万円で1140万円で家が建つのか?」と思います。

 

はっきり言います。

その計算では

“絶対に建築できません。“

坪単価の金額を下げて提示すれば、見せかけの金額は安く見えます。

でも、これだけでは建築はできないのです。

 

以前のブログにも書きましたが

これは建物本体価格です。

 

建物本体価格には含まれていない金額がたくさんあります。

照明、カーテン、外構、地盤改良、登記費用、印紙代、給排水、仮設工事関係、冷暖房などなど。

ここには書ききれない項目があります。

坪単価を記載するならこれらも全て含めて記載しなければなりません。

図面の変更にも金額が発生するなんてことも聞いたことがあります。

 

家づくりをする時には沢山の会社様を見るべきです。

その際に、

坪単価で比較をするのではなく、総建築費で比較しなければなりません。

A社とB社で30坪の家を依頼したとします。

A社は坪単価38万円

B社は坪単価45万円

それなのに、いざ契約しようと最終金額を提示してもらうと

A社の総建築費1640万円

B社の総建築費1600万円

こんな逆転の現象が起きる可能性もあります。

 

あくまで坪単価ではなく、総建築費での比較が大切かと思います。

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »