窓の配置と考え方

こんにちは。こんばんは。吉田です。

杜の都、仙台で工務店と設計事務所を営んでいます。

Architect innovation株式会社という名前で、注文住宅を設計したり、施工したり、

デザインをしています。

仙台の街から毎日、家造りのあれこれを書かせていただいてます。

 

 

さて、本日は“窓の配置と考え方“

について書かせていただきます。

 

間取りを作成するときに大切にしている部分があります。

それは、窓の位置です。

窓は外を見ることができます。

風を建物の中に入れることができます。

光を取り入れることができます。

このように窓は沢山の要素を叶えてくれる存在です。

 

しかし、同時に窓はプライバシーにも関わってきます。

水廻りの窓、玄関など共用部分に面する窓など。

つまり、

“見る窓と見られる窓“

を明確に分ける必要があります。

その為、ご提案の時には近隣の状況を深く確認する必要があります。

どこにリビングを配置して、どんな窓を配置することがいいのか。

その窓からは何が見えるのか。見えてもいいものか。など検討事項は様々です。

隣の建物の窓の位置、玄関の位置なども重要です。

検討しておかないと、狭小地などで窓を開けると隣の窓と対面してしまうなんてことが起きてしまいます。

どうしても、窓の位置をずらすことができない場合は(間取りやデザイン上)型板ガラスに変更するなどの対策も必要です。

窓の高さや大きさを変化させることで対応できる場合もあります。

 

つまり、窓の配置を考える時には

自分の建物だけを見てはダメ。“

ということです。

近隣の状況、隣の建物の窓の位置、隣の建物までの距離、見せたいものと見せたくないものの区別、窓の開け方(横辷り、縦辷りなど)、隣の建物から自分の建物の内部が窓を通してどのように見えるのかなど。

様々な事を検討して考えてご提案させていただきます。

 

仙台・仙台近郊・宮城県全域の注文住宅・家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »