耐震等級とは

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で注文住宅を設計したり、施工したり、デザインをしています。

 

まずは、本日お打ち合わせをさせていただきましたお客様、

貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。

昨日は大きな地震がありました。

それでも弊社にお越しいただきありがとうございました。

 

本日は“耐震等級とは“

について書かせていただきます。

 

日本は地震国です。

日本で家づくりをする場合、地震への対策が必要になります。

つまり、住宅の地震への強さが大切ということです。

 

地震への強さを表す指標を

“耐震等級“

と言います。

耐震等級は【1】【2】【3】と3種類あります。

 

どうなると【1】で

どうすれば【2】になるのか。

まずはこれをご説明します。

 

建築基準法で建物を作った場合、

耐震等級は

【1】

になります。

 

【2】とは【1】の1.25倍の性能を持たせたもの。

【3】とは【1】の1.5倍の性能を持たせたもの。

ざっくりとご説明するとこんな感じになります。

 

【1】等級以上で建てることは義務ですが、それ以上にするのは

お客様次第になります。

お客様が「耐震等級3で建てて欲しい」とおっしゃればその通りにしなければいけません。

 

ここで注意しなければいけないのが、

【耐震等級3相当】と【耐震等級3】の違いです。

【耐震等級2】も同じです。

これらを証明するには、然るべき機関に図書を提出して検査を行い、証明書を発行してもらいます。

それによって、【耐震等級3】と言えるわけです。

【耐震等級3相当】というのは公的には認められていないものです。

耐震等級1より1.5倍の壁量があるだけみたいなものです。

【耐震等級3】か【耐震等級3相当】にするかはお客様次第ということです。

しっかりと選択してください。

耐震等級にはまた【損傷】と【倒壊】に分かれています。

この辺りの詳しいお話は

事務所にお越しいただけたお客様にお話させていただきたいと思います。

 

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »