開けるのが楽しくなるドアについて

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で設計をしたり、施工をしたり、デザインをしたりしています。

沢山のお客様と打ち合わせをさせていただく中で、【それを知らないで家造りを終えるのは、もったいないな】と感じる部分が沢山あります。

その中で、本日は”ドア”について書かせていただきます。

ドアには、部屋同士を行き来するドアや玄関ドアなどがあります。

お家を作る時にはこれらのデザイン、色を決めていかなければいけません。

壁紙、床材、巾木、廻り縁などのデザインや色の組み合わせを考えながら、です。

 

お家を作ると決めたら沢山の情報を集めたり、写真の切り抜きを集めたりすると思います。

それは、建築会社が決まったときに自分のイメージを伝えるためかなと思います。

 

理想の青いドア、ステンドグラスが入ったドア、チェッカーガラスが組み込まれたドアなど様々なデザインと色があります。

 

”これらは全てが実現可能です”

赤でも青でも緑でも。

スモークカラーでも。

海外旅行先で一度見たホテルのドアの、微妙にくすんだ色でも。

海外映画で見た家のドアでも。

色もデザインも全てが実現可能だということです。

 

弊社は全てのドアを無垢材で納めさせていただきます。※お客様のご予算によって変更はあります。

無垢材というのは色がついていません。

木のままです。

つまり、

”色がつけ放題”

という事です。

 

以前に打ち合わせをさせていただいたお客様は、ドアの色は3〜4種類くらいの中から選ぶと思われていました。【黒、白、濃い茶色、薄い茶色】など。

これでは、お部屋のバリエーションにも限界があります。

そして、何より面白くない。

 

トイレのドアは薄い水色。

それ以外は木の目が見えるウォルナットの塗装。

自宅に遊びに来たお客様にトイレを聞かれたら「薄い水色のドアだよ!」と案内することができる。

これなら面白いと弊社は考えております。

 

そして、ドアデザインにも沢山のバリエーションがあります。

ガラス付きのドア、ステンドグラスを組み込んだドア、木製だけどパネルの数と種類が沢山。

アンティークショップで購入されたドアを納めるなんてことも可能です。

弊社は何度も納めさせていただいています。

枠がなくて、ドア単体でも可能です。

枠は作ればいいのです。

これも無垢材でドアを納めているからできることです。

つまり、

“木で作れないものはない”

という事です。

 

ドアというのは部屋を覗く前に手を掛ける大切なものです。

部屋を覗く前の楽しみを作りましょう。

好きな色とデザインのドアをご提案いたします。

 

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »