1000万円で家は建つのか???

こんにちは。こんばんは。吉田です。

Architect innovation株式会社で設計をしたり、施工をしたり、デザインをしたりしています。

 

本日は、

“1000万円で家は建つのか???“

について書かせていただきます。

 

以前にも書かせていただきましたが、問い合わせや質問を

多くいただけるので改めて書きます。

 

1000万円でできる!

980万円でできる!

880万円でできる!

とかのチラシや宣伝を見かけたりします。

これは人が住めるようになる家の値段ではありません。

これは、建物本体の価格です。

建物本体とは箱の値段です。

つまり、この金額だけでは

人は住むことができないということです。

打ち合わせや要望によって、金額は膨れて

大体、1600万円〜1800万円くらいになります。

この金額が家の下限の値段ではないかと思います。

 

1000万円の中に含まれていないものはなんなのか?

これを深堀してご説明します。

 

まずは、

屋外給排水工事は含まれていない場合が多いです。

屋外給排水とは何か。

建物から外に出て道路の中にある本管まで上下水道を繋ぐ工事の事です。

これは含まれていないことが多いです。

 

カーテンや照明器具なども含まれていない場合が多いです。

 

設計の変更なども追加金額を取られる可能性が高いです。

水道加入金、契約書の印紙代、地震保険、火災保険、屋外給排水、地盤調査費用、地盤改良(有れば)、設計料、地鎮祭費用、登記費用(表題、保存)、カーテン、照明、外構、など。

これらはまず含まれていないと思って間違いないです。

これがないと人はお家に住むことができません。

これらをまとめていくと、大体600万円〜800万円くらいになると思います。

そして、合計が1600万円〜1800万円くらいになります。

 

結論としては、1000万円で家を作るのは不可能ということです。

 

次は

注文住宅はなぜ高いのか?について書きます。

逆に安いお家とは何か?

それは

“企画住宅“

です。

 

注文住宅とは、敷地に合わせて間取りを作っていきます。

つまり、世界にひとつしか無い間取りです。

作り手の職人さんも初めて作るお家です。

それに比べて企画住宅とは敷地に関係なく間取りを作り

どんな敷地にも当てはめられる大きさで作られた間取りです。

職人さんも何度も同じ間取りを作ることが可能です。

 

同じ家を何度も作るとどうなるか。

この部分は手間がかかる、とかこの部分の材料は余る。

この部分は材料のロスが出るなどわかってくるのです。

図面も同じです。

一度作ってしまえば、反転や回転などを駆使して敷地に当てはめられる。

構造図なども使い回しができる。

職人さんも作りやすい。

企画住宅の変更が不可なのにはこういった理由があるのです。

 

その点、注文住宅というのはそのお客様に合わせて間取りを作ります。

敷地を見てそこにベストと思われる間取りを作ります。

納まりの蓄積などはできても、

どこでロスが出るのか、どこに時間がかかるのか、全てが未知数です。

いくらプロでも全てを予測することは出来ません。

不具合の数を減らすことは出来ても、ゼロには出来ません。

変更があれば図面も一から全てを作ります。そのお客様の為だけに。

完全フルオーダー。

これが注文住宅です。

だから、お金がかかるのです。

 

企画住宅はとても素敵な住宅です。

それぞれの会社様が考えて考え抜いて送り出した商品です。

どこに価値を見出すかはお客様次第です。

 

一度注文住宅とはどのようなものなのか、弊社の話を聞きに

事務所に遊びにきてください。

 

家づくりで何か気になる部分がございましたら、

お気軽にご連絡いただけますと嬉しいです。

本日もありがとうございました。

 

GOOD   DESIGN   ×   ARCHITECT    INNOVATION

Translate »