• ご相談

    メール若しくはお電話にてお問い合わせをいただきましたら直接お会いさせていただきまして、ご要望、家造りについて教えていただきます。もう他社で考えてるんだけど家造りについてわからないことなど些細なことでもなんでも相談ください。電話はちょっとしにくいかなという方はメールでもかまいません。

    しつこい営業活動は行なっていませんので安心してお気軽にご連絡いただければと思います。

  • 土地を探す

    土地をお持ちでない方は土地選定からはじめます。
    お客様のご要望に合わせてご提案をさせていただきます。

  • 基本設計、資金計画書のご提案

    ここから間取り、外観のデザインを本格的に打合させていただきます。

    お客様が今まで家造りのためにと撮り貯めた写真、集めた雑誌、切り抜きなどなど、お持ちください。必ずご満足のいくご提案をします。

    そして、デザインとはまた違う重要な要素が資金計画書になります。詳細積算を全ての建物を行ないます。ドアノブ一つから丁番ひとつまで全て

    ご確認いただきご納得いただいた上でご契約とさせていただけるようにします。

    もし、弊社でお決めいただけるということであれば請負契約の前段階として設計契約をさせていただきます。そこから、住宅ローンの仮審査を行いお客様のご予算の確定をしてそれからご予算、間取り、デザイン、とベストの家造りのお手伝いをさせていただければと想います。追加工事なるものはお客様からお話をいただいた時点でお話致します。あとから追加金額のご請求を行なったりすることは一切ございません。

  • 工事請負契約書 締結

    工事請負契約を締結していただいた後、弊社とお客様の一生のお付き合いが始まります。法的な保険のご説明などもこの時にさせていただきます。

  • 仕様打合

    ここからいよいよ、お家の中の色を決めていきます。

    色だけではなく、トイレ、キッチン、洗面化粧台、お風呂などの住宅設備機器からお部屋ごとの壁紙、床材、塗装の色、ドアの種類、窓の色などなど 沢山のインテリアを決めていきます。奥様がいままで集めていただいた雑誌、写真、沢山の資料を持ち寄りながら決めていきましょう。(ご契約時のご予算の中からお選びいただきますので後から追加金額のご請求を行なったりすることは一切ございません。)

  • 工事着手

    いよいよ工事スタートです。

    事前に地鎮祭をされるかどうかのご確認をさせていただきます。

    地鎮祭をされる場合は、お客様のご予定に合わせて神主様と弊社と日の良い日をご提案させていただきながら行ないます。そこから基礎工事、設備工事、足場工事、大工工事、外壁工事、内部工事などなど進んでいきます。工事中にお客様にも現場にお越しいただきまして、実際の大きさ、コンセントの高さ、お客様こだわりの造作棚など沢山の内容をご確認いただきます。

  • 建物完成

    家造りもクライマックスを迎えます。お家の内容を実際にお越しいただきましてご確認していただきます。

    間違いがないように慎重な工事と建物完成を行なっていきます。

  • お引渡

    いよいよお引渡しの時期が来てしまいました。

    お打ち合わせの時を考えると、奥様やご主人様、お子様、おじいちゃん、おばあちゃんと決めてきた時間が無くなってしまうととても寂しい気持ちになる時期です。お引渡には、お客様に合わせて歌をプレゼントさせていただきます。お引渡のフィナーレに明るい気持ちでご入居していただければと思います。

  • アフターメンテナンス

    これから一生のお付き合いが始まります。三世代が関わる大切なお家です。お家造りはこれで一旦区切りを迎えますが、お付き合いは始まったばかりです。
    お引渡後でもいつでもなんでもご相談ください。これからも宜しくお願い致します。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ開設以来、沢山のお問い合わせやご契約を頂きまして、本当にありがとうございました。
私はお問い合わせ頂いたお客様に、ガツガツとした営業を全く行いません。
「袖振り合うも他生の縁」という言葉があるように、私は「家を建てようかな?」という方々の羅針盤になれればと思っています。
なぜなら、家を買う事は一生の中で何回も訪れることでは無いのですから。

ホームページをご覧いただいて、

・僕の給料で家づくりって可能なの?
・仕事柄、ボーナス無いんだけど、家づくりできるの?
・相談したら、ガンガン営業されて契約に結び付けるんじゃないの??

全く違います。

私は、「インスピレーションが同じだと感じた方」と家づくりをしたいと考えているだけなのです。

私は大手のハウスメーカー営業マンと違い、「親身になれる」建築家でありたいのです。

もちろん、私はプロとして長年この業界で暮らしてまいりましたので、助言できることが沢山あります。

「誰に相談したらいいかわからない、、、何が何だかわからない、、、。を解消するために、家を建てる際の相談役としてお気軽に連絡してみてください!!

予約なしのお電話でも全く構いませんのでお気軽にお問い合わせいただければと思います。

Translate »